消費者金融からお金を借りる

街中の消費者金融の看板や店舗のネオンに目を奪われる方も多いのではないでしょうか。最近ではゴールデンタイムにも消費者金融のCMが放映されるようになっています。

有名タレントを起用したユニークなCMはお茶の間の人気を集めています。今や消費者金融はすっかり身近な存在になっています。

消費者金融のことを時として「サラ金」と呼ぶことがあります。

日本で消費者金融が普及し始めた頃、利用対象者が「男性サラリーマン」であったことから付けられた名称です。「サラ金」と聞くと何か「悪いイメージ」が先行してしまいますが、決してそのようなことはありません。

利用対象者も多方面に渡り、手軽に借入できる手段として、日常生活の中でも上手に使いこなすことができる金融機関です。その消費者金融の特徴はどのような点にあるのでしょうか。

審査スピードが早い

消費者金融の最大のメリットは、そのスピードにあります。ほとんどの先が「即日融資対応」、つまり申込を行ったその日に融資を受けることが可能になっています。

多彩な申込方法から自分の都合で利用でき、審査回答時間は最短で30分程度です。

早ければ1時間もあれば契約から借入まで完了させることができます。急な出費、どうしても早急にまとまったお金を借りなければいけない状況では、大変ありがたい存在になるでしょう。

審査結果が早く回答されるということには、次のような効果もあります。

  • 「はたして自分は審査に合格できるのだろうか」という不安を抱える時間が少ない。
  • 万が一不合格となった場合、すみやかに次の手を打つことができる。

審査基準が比較的緩やか

消費者金融は全体的に銀行融資と比較して審査基準が緩めといわれています。確かに「銀行で不合格だったが消費者金融で合格できた」という声をよく聞くのは、その現れでしょう。

とくに銀行では敬遠されがちだった「既に他社で借入を利用している方」に対しても柔軟な対応が期待できます。2~3社程度であれば(借入金額にもよりますが)十分審査に合格できるチャンスがあります。

ただし消費者金融の借入は、いわゆる「総量規制」の対象となっています。基本的に他社の借入を含めて「年収の3分の1」以上の借入は利用できませんので注意しましょう。

金利が高め

審査基準が緩めな反面、適用される金利が高めに設定されます。商品や利用者の属性にも左右されますが、全体的に銀行ローンなどと比較すると数%高めの設定が多くなっています。

わずかな差であっても、最終的な返済総額は大きく異なってくることもありますので注意しておきましょう。

ただし消費者金融の中には「無利息サービス」を提供している先もあります。多くは「初回利用者」という条件付きですが、お金を借りるのに「無利息=金利0」で利用できるわけですから、その便利さはいうまでもないでしょう。確実に返済できる目途があるのであれば、ぜひ検討していきたい項目です。

消費者金融の魅力のひとつに「サービスの充実」を挙げることができます。「無利息サービス」だけでなく、各社独自の魅力あるサービスが充実しています。多くの情報を取りいれ、自分の都合に応じた利用を考えていきましょう。