お金を借りる場合の必要書類とは

お金を借りるには、必ず必要書類が発生します。

必要書類を確実かつ速やかに準備することが、お金を素早く借りるためのポイントとなります。とくに金融機関などの借入商品を利用する場合には、必要書類が準備できなければ審査も前に進みません。

急いでおられる方ほど、確実かつ速やかに準備することが大切になってきます。

本人確認書類

まず準備しなければいけないのが「本人確認書類」です。最近で本人以外との金銭契約を防ぐ意味で、本人確認作業が念密に行われるようになっています。

これまではコピーでも可、としていた先でも、最近は原本の提出を求めるようになっています。しかも申込時だけでなく、金銭契約時などでも提出しなければいけないこともありますので常に準備しておきましょう。

本人確認書類としては「運転免許証」が一般的です。その他「健康保険証」「パスポート」などでも代用可能となっています。外国籍の方は「永住許可証」「外国人登録許可証」などを求められることもあります。

本人確認書類で本人であることを確認するとともに、書類に記載されている「生年月日」「住所」なども同時に確認する項目となっています。

「本籍」などの情報は「個人情報保護法」の観点から所持が禁止されていますのであえて確認することはありませんが、その他は審査上でも確認項目となる情報です。とくに注意するのが「現住所」でしょう。引越しなどで書類の住所変更の手続きが完了していない場合には、現住所を確認できる次のような書類が求められることもあります。

  • 公共料金(電話・ガス・水道・NTT)の支払領収書
  • 国税・地方税の領収証
  • 住民票の写し

収入証明書類

利用者の収入は貸したお金がきちんと返済されるかどうかの重要ポイントです。そのため借入時には収入証明書類を提出する必要があります。

金融機関だけでなくあらゆる貸付制度を利用する場合でも、次のような収入証明書類を準備する必要があります。

  • 給与明細票(一般的には直近2ヶ月分、賞与がある場合には賞与明細票も合わせて提出することで審査も有利に働きます)
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書
  • 確定申告書

一般的に金融機関での借入では個人事業主や中小企業の役員などは審査でも厳しく判断されます。これらの収入証明書類の他に、事業実態を説明できる書類(売上明細・仕販先明細・資金繰り表など)も合わせて提出して返済能力に問題ないことを説明するようにしましょう。

キャッシングやカードローンの借入では、借入希望金額によってはこれらの書類を不要とする金融機関もあります。ただし審査の過程で提出を要求されることもあります。いざという場合に慌てないように事前に準備しておけば安心でしょう。

その他の書類

一般的な借入では「本人確認書類」「収入証明書類」の2点は必ず必要となります。その他、借入先、借入金額、取扱商品などにより様々な書類が必要となります。

また契約時には「印鑑」なども必要で。場合によっては「実印・印鑑証明書」なども必要になってきます。事前に必ず確認しておくとともに、不明な点は担当者に相談して解決するようにしましょう。